CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
第33回グレース保育園卒園児同窓会
0

     
    第33回グレース保育園卒園児同窓会
    2013年3月2日開催
    今月小学校を卒業し、来月より中学校に進む
    卒園生が集まりました。
    素敵に成長した16人のお友だちが集まりました。



    ブックドクターあきひろさんをゲストに
    夜遊びをして頂きました。
    卒園生に向けては、「これから中学に進む君たちへ」と題して
    保護者の皆様には、思春期を迎える子を持つお母様への
    応援メッセージを語って頂きました。


    中学における切り抜け方
    友達の距離感、、恋について
    お母様達には、「かえがえのない子ども達の
    自分づくりを尊重し、応援してほしい」という内容の
    メッセージを頂きました。

    「とにかく、母のわたしの好きなことより
    あなた自身で見つけた好きなことに必死なって・・・」
    とあきひろさんからメッセージ

    読あそび(ヨアソビ)は「おこだてませんように」の
    絵本を読んでくださいました。
    絵本を通してのアキヒロさんのメッセージ
    は何でしょうか。

    これから思春期を迎える子ども達は
    いろいろと感じとったと思います。

    おこられることもをおそれないで
    それをのりこえていきましょう。
    学校にはいろいろと楽しいことがありますよ
    素敵な自分づくりの旅
    グレース保育園はみなさんを応援しています。

    卒園生よりお母様に自らデコレーションした
    ケーキのサプライズのプレゼント

    男の子のデコーレーション



    女の子のデコレーション
    心もお腹もいっぱいになりました。



    みんなで記念撮影です。ハイーチーズ!
    又会いましょう。

    | わいわいらんど(異年齢児交流事業) | 15:28 | - | - | - | - |
    修了式
    0
       
       ワイワイランドでは修了式が行われました。
       この一年ワイワイランドに参加した
       お友だちに修了証書がわたされ
       みんなの進級・進学を祝しました。

       そして、園長先生のお話は水のお話しです。
       
        山の木は枯れ葉を落として、雨水を浄化するだけでなく
       栄養となり、その栄養が川から海へ
       運ばれます。
       又その栄養が、魚の餌のプランクトンの食べ物になります。
       水で命が繋がっています。
       大人の体の60パーセントは水です。水を汚さないように。
       命を輝かせるつながり、流れをつくりましょう。
       大きくなったみんなは視野を広げて環境問題について
       考えてください。



      お話しを聞いて、アースデー(4月21日 九州ダイハツアリーナー)
      に出展する作品を描きました。テーマは{水〜つながる〜」です。



      どんな作品に仕上がるかはお楽しみに



      お友だちが自分達でデコレーションしたケーキを
      みんなで食べました。
      | わいわいらんど(異年齢児交流事業) | 11:42 | - | - | - | - |
      バングラデシュの病院から
      0
         
        バングラデシュ派遣医
        宮川眞一先生のおはなし
        ワイワイランドではバングラデシュのお話しを聞きました。




         JOCS(日本キリスト教海外医療協力会)
        バングラデシュ派遣医として、

        6年間医師として働かれた宮川眞一先生をお招きして
        お話しを聞きました。

        小学校の時に、教会で岩村昇先生のお話しを直接
        聞いた経験が、医師を目指す
        大きな理由だったと言
        われました。
         岩村先生のお話の中に、こんなお話しが

        山を越えて病院へ
        3日間もかけて、病気のおばあさん
        を背負って運んだ
        若者が、そのお礼の代金を受け取
        らずに、こう言いました。

        「サンガイ・ジウナコ・ラギ
        (みんなで生きるためだよ)」。

        そのお話はいつまでも
        宮川先生の心に残っていたそうです。

         バングラデシュでの先生のお働きは
        現地の病院で働くこと
         チームを組んで、外で診察・治療にあたる
        ことでした。

         男の子が熱で気を失い、お兄ちゃんに連れて
        こられたけれど、
        3日後に亡くなられました。
        その時に、「もう一日早かったら助かったのに」
        と思われました。

        そのために、マラリヤの予防・早期発見のために、
        地域のお母さんにも手伝ってもらう活動を

        されました。

         バングラデシュでは、貧しい子ども達が沢山
        います。お金がなくて治療が受けられない人

        入院が続けられない人もいます。

         でも、みんなは、とても頑張っています。

        現地の母子寮の子どもが、鼻のできもので
        病院に運ばれた時
        中学生の女の子が、
        付き添いできました。
        とても、心配りが良く、上手にお手伝いが
        出来る女の子です。

        宮川先生が、「看護師さんになれば」と勧めま
        したが、「私の家は貧乏で学校に行くお金が

        ない」との答。

        そこで、宮川先生はJOCSの奨学金制度に
        その女の子をつなげてあげました。

        難しい看護学校に合格して
        成績もトップだということです。

        又その子に続いて看護学校を目指す
        お友だちもいるそうです。

        貧しい状況から、少しのチャンスでもあれば
        そこを目指して、がんばっている
        バングラデシュの
        お友だちのお話でした。
        そして、一生懸命生きている
        お友だちの姿から命の大切さを感じとったと
        思います。

        宮川先生が最後に言われました。
        「夢をあきらめないで、持ち続けてください」と

        みんなも、宮川先生 現地のお友だちから
        沢山の勇気と力を与えられたと思います。



        上記写真は岩村昇先生



        宮川先生が聞いた岩村先生のお話が絵本になっています。
        グレース保育園にも置いています。



        宮川先生のお話もよく聞き、クイズや質問にも
        積極的でした。



        JOCSの活動をお支えするために
        古切手を集めています。
        これを売ったお金がJOCSの活動を援助します。
        グレース保育園で集めています。
        ご協力をお願いします。

        | わいわいらんど(異年齢児交流事業) | 14:51 | - | - | - | - |
        子どもクリスマス
        0
           
          グレース保育園子どもクリスマス礼拝・祝会
          礼拝のお話は藤吉文佳牧師です。
          グレース保育園・ワイワイランド・児童クラブピーター
          マリアガーデンのお友達と一緒にお祝いしました。




          お話の中でご紹介頂いた絵本です。



          祝会では、地域のお友達はきよしこの夜を歌いました。

          この時、突然のアクシデントにより、
          先生達のページェントが行わることになりました。
          「こんなことになるなんて!」と
          始まる前は動揺がありましたが、本番に強い先生達でした。

          さて、ぶっつけ本番の始まり 始まり! お告げの場面です。



          宿屋はいっぱいでした。二人を見ると泊めたくなっちゃうけど



          羊の役にもはまっているお二人ですよ。



          博士達のステップも堂々としています。
          佳代子先生は星に導かれて新たな旅立ちですね。



          突然の業務命令をやり遂げましたね。
          皆さん役者でしたね!



          大阪発の電車が天候の関係で遅れていましたが、
          卒園生の大倉理嘉さんの登場です。




          素敵なクラリネットの音色を届けて下さいました。
          リハーサル無しでしたが、心あたたまる音色が
          ホールに響きました。



          クラリネット演奏家の道を歩まれたのは
          中学の時に吹奏楽部にはいっていたからだそうです。
          素敵な演奏を届けて下さってありがとうございました。



          大倉さんおかえりなさい。



          サンタが登場しました。
          みんな、本当にいい驚きの表情です。



          サンタさんが届けてくれたのは手作りのクッキーでした。
          | わいわいらんど(異年齢児交流事業) | 12:30 | - | - | - | - |
          | 1/1PAGES |